Green

団地の”みどり”が持っている、それぞれの個性。そんな団地の豊かな屋外環境の植物をご紹介します。

十植十色のかがやき 団地の植物をご紹介

夏の代表的な花サルスベリ【別名 百日紅】

例年に比べ今年の夏は特に暑い日が続き、外出するのも億劫になりますが、団地を巡っているとサルスベリの木が暑さに負けず花を咲かせていました。

初夏~始秋にかけてピンク、白、紅、紫といった色鮮やかな花を咲かせ、花ごとに一つ一つ見てみてもちぢれていてとても可愛いらしいです。

名前の由来【サルスベリ】
サルスベリは花だけではなく幹にも特徴があり、木登りが得意なサルでさえも滑ってしまいそうなほどツルツルとしていることからその名が付いたとされています。(実際に触ってみてください)

別名の由来【百日紅(ひゃくじつこう)】
花は小さく、1つ1つの花期も短く2~3日で散ってしまいますが、樹全体では次々と開花し、その様子がまるで百日間咲いているようであることが別名の由来です。

 

【サルスベリ(別名 百日紅)】
ミソハギ科 サルスベリ属 学名:Lagerstroemia indica
落葉性高中木
原産地:中国南部
開花期:7月~9月

投稿者:UR都市機構 相島健介
URコミュニティ 村山俊史

     

 

このページのトップへ