Green

団地の”みどり”が持っている、それぞれの個性。そんな団地の豊かな屋外環境の植物をご紹介します。

十植十色のかがやき 団地の植物をご紹介

こうみえてスゴいマツ!

~思い出あるみどり景観の継承~

この斜面の植栽は、仁川団地の背景となる甲山から六甲山系へとつながるみどりで、 「ヤマザクラ」・「アカマツ」・「コナラ」など建て替え前の傾斜にあった樹木を主体に再生したものです。

また、団地内で自生していた草本類で、現在では希少植物となっている 「クサボケ」・「ワレモコウ」といった植栽についても、一部移植保存をすることで、 少しでも思い出ある景観が継承できるように整備を図りました。

~スゴいマツがグリーンヒルズ仁川に

日本に古くから親しまれているマツの木ですが、「マツノマダラカミキリ」という カミキリ虫と、それに運ばれる「マツノザイセンチュウ」(病原虫)は、一般的に 「松くい虫」と呼ばれ、松枯れを引き起こします。

グリーンヒルズ仁川のアカマツは、松くい虫被害に抵抗性がある品種のマツなのです。
そんなスゴいアカマツも、すくすくと生長しておりますので、見守っていてください。

【アカマツ】
マツ科 マツ属   学名:Pinus densiflora
常緑高木 花期:4~5月

 

 

このページのトップへ