Green

団地の”みどり”が持っている、それぞれの個性。そんな団地の豊かな屋外環境の植物をご紹介します。

十植十色のかがやき 団地の植物をご紹介

※今回ご紹介します内容に係る写真は、日々の管理業務の中で撮影しました都合上、画像が粗くなってしまっていますが、あらかじめご了承ください。

【紅葉がきれいに染まってきました】~アメリカフウ~

前回は金剛団地のサクラの紅葉をお届けしましたが、今回はグリーンマネージャー(※)よりアメリカフウの紅葉のお便りが届きましたので、ご紹介いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お出掛けするには、とても良い季節になりました。
団地の中のモミジバフウ(別名アメリカフウ)が色づき始めました。
「フウ」と言えば一般的にはタイワンフウの事を言いますがモミジバフウは別名の通り、北米及び中米を原産とする落葉高木です。

モミジバフウは公園や街路樹にも良く植えられている木で、まっすぐに伸び大きいものでは高さ15m~20mにもなります。

お出掛けやすいこの時期、おさんぽがてら団地内の色々な樹木の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

モミジバフウ(紅葉葉楓)【別名アメリカフウ】
マンサク科フウ属(落葉高木)
落葉高木
原産地 北米~中米
花木3月~5月

※グリーンマネージャー
 団地に植わっている植物の管理業務をメインに行うURコミュニティ社員です。日々お客様から寄せられるご意見・ご要望に対応したり、植物の管理工事を行う際には、受注者と連携を取り、団地の屋外空間の向上に努めています。

投稿者: URコミュニティ 村山俊史
UR都市機構 相島健介

 

このページのトップへ