Design

団地の環境、空間、色彩、カタチ…。団地の”デザイン”には面白さがつまっています。

団地のデザインには 面白さがつまっている

景観とともに記憶を引き継ぐ

サンヴァリエ春日丘では、リユース(再利用、再活用)をテーマにまちづくりをおこなっています。
団地のシンボルであったスターハウスを受水槽室として利用したり、
既存のフローリングを再利用したり、従前の建物形状を継承したり…
リユースする材料は実に多岐にわたっています。

環境的な視点から、これからリユースは重要になってきます。
団地の景観を引き継ぎつくと共に団地の記憶も引き継ぎます。

 

~スターハウス~
従前の春日丘団地は、約730戸の団地として建設され、昭和35年に入居開始。
23棟の階段室型住棟と3棟のスターハウスで構成されており、
スターハウスは、景観のアクセントとなるとともに、団地のランドマークになっていました。
建替にあたり、象徴であったスターハウスを利活用することにより、団地や街の記憶として将来に残しています。

改修後の外観


従前の外観


スターハウスは昔も今も春日丘のシンボルです

 

~住戸プラン~

1階(受水槽・ポンプ室)平面図


改修前・基準階平面

 

~素材のリユース~
旧集会所で使われてた床材(ブナ)に再加工を施し、新集会所の床材として再利用しています。

収集された旧集会所の床材


建替え後の集会所のリユース床材

シンボリックな団地銘板は、補修することでオブジェとして活用。

補修された団地銘板は、団地の入り口のオブジェに。


旧団地銘板

 

~場所の記憶の継承~
サンヴァリエ春日丘は、旧春日丘団地の配置を踏襲し、出来るだけ同じ位置に住棟を配置することにより、まちの風景・記憶を引き継ぎます。
建替前、スターハウス住棟がアクセントなり、団地全体のランドマークを担っていました。
建替え後の計画も同位置にアクセントとなる住棟を配置し、新しい春日丘団地のランドマークとして位置づけ、
本来備わっていた場所の記憶を継承します。

 

~デザインのリユース~
■まちのデザインのリユース
周辺環境と調和するため、まちのデザインをモチーフとして、

サンヴァリエ春日丘のデザインを行いました。

専用庭の塀


まちの板塀


専用庭の塀・集会所屋根


まちの瓦

 

■従前団地デザインのリユース
団地の記憶を引き継ぐため、従前団地のデザインをモチーフとして、サンヴァリエ春日丘のデザインを行いました。

共用廊下パイプシャフト壁・バルコニー手摺壁


従前の給水塔デザイン


手摺壁


まちのブロック塀

このページのトップへ