Design

団地の環境、空間、色彩、カタチ…。団地の”デザイン”には面白さがつまっています。

団地のデザインには 面白さがつまっている

Photo : Ai Hirano

エレベーター設置&エントランスリノベーション 男山

男山団地では、団地内バリアフリーの一環として、B地区の42,44,45号棟に、階段室の2.3階の間、4.5階の間に着床するタイプのエレベーターを設置しました。またエレベーターの設置に合わせてエントランス改修、外壁のカラーコーディネイトを行っています。

44号棟

 


After 44号棟


Before 44号棟

 

~地域に調和する色彩・デザイン~
外壁の色彩は、地域の個性と特色を生かした落ち着いた景観を目指しました。ベース⾊を既存住棟の⾊彩に近い橙色系とし、建物全体と調和する計画としています。
また、エレベーターシャフトは高層棟と共に縦ラインが印象的に並ぶことになるため、沿道からの景観や既存建築との調和を意識。エレベーターシャフトの足元部と上層は色分けすることで、シャフトの圧迫感を下げる工夫も施しています。

After 44号棟


Before 44号棟

 

外装ALCパネルは部分的にデザインパネルを採用。異なった質感のパネルを併用することで住棟のアクセントとしています。
44号棟

 

階段室エントランスまわりは、号室表⽰サインに階段室ごとに異なる色をあしらい、変化を与えます。

44号棟


44号棟


44号棟


45号棟

 

~温かみのある外構空間~
外構部分には、落ち着いた色味のスクリーンレンガ、縁石レンガ、インターロッキングを使用。エレベーターシャフトも合わせて、足元周りは自然色に近い色味とし、調和を図っています。外を眺めながら一息つける空間となりました。

44号棟

Photo : Ai Hirano etc

このページのトップへ