Design

団地の環境、空間、色彩、カタチ…。団地の”デザイン”には面白さがつまっています。

団地のデザインには 面白さがつまっている

連続格子でつくる印象的なアプローチ 伏見納所

伏見地区に立地する中層団地である伏見納所団地。伏見地区の歴史性や個性的イメージをしのばせる、アプローチの改修を行いました。改修では、新たに加える要素として、連続した格子の設置、伏見地区の屋根瓦、漆喰壁、酒蔵の色調などをベースとした色彩計画を実施しました。

庇はタイプに合わせた2パターンの改修としています。

~無機質な金属庇を風景に馴染ませる~
存在感のある既存の金属庇を生かし、ゲート感の出る演出を施しました。エントランスを取り囲む庇を、外壁と同色のグレーでまとめることで、団地の緑に融和し落ち着いた印象のアプローチに。


After

Before

グレーの金属庇に袖壁小口のポップな色合いが映えます。

 

~外壁の色調と調和する庇~
突き出した庇や袖壁に個性があるものの、目立たない印象であったアプローチ。エントランス庇と、外壁に沿って縦に伸びる袖壁とを、同色のグレーとすることで門構えを創出。また格子にアクセントカラーを加えることで、特別感のあるエントランス空間としました。


After

Before

 

~伏見地区の歴史を感じさせる連続格子~
単調な外観にリズム感をつくり出すよう、連続格子を設置。格子部分には劣化しにくいアルミを使用しています。


After

Before

アプローチごとに異なったアクセントカラーで連続する階段室空間に個性を彩ります。

After


Before


After


Before

エントランス正面には、住棟・住戸番号サインが表示された半透過パネルを設置。枠は溶融亜鉛めっき調の塗装で、建物になじむ質感に。パネルは浮白色にすることで、郵便受けの目隠しとなる働きをしています。

アプローチ廻りの植栽も住棟ごとに異なり、様々な風景が楽しめます。

ポンプ室のまわりもエントランスと同じデザインの格子が施され、統一感のある景観となっています。

After


Before

Photo : Ai Hirano etc

このページのトップへ