Design

団地の環境、空間、色彩、カタチ…。団地の”デザイン”には面白さがつまっています。

団地のデザインには 面白さがつまっている

芦屋浜で生まれ変わる、エントランスのリノベーション

芦屋浜シーサイドタウンの一角を占める、芦屋浜団地。

その近代的で圧倒的なファサードデザインには、工業化を目指し邁進した、高度経済成長期末期の残り香を感じることができます。

平成27年から29年にかけて行われた住棟エントランスのリノベーションでは、工業化へのオマージュともいえる近代的な要素をブラッシュアップすることで、スタイリッシュなエントランスへと生まれ変わりました。

その成果が評価され、2017年度のグッドデザイン賞を受賞しました。
内容についてはこちら

DSC_7173外観。特徴的なファサードの高層棟が青空によく映える。

 

従前①Before

IMG_0813After 

エントランスのアクセントカラーが入口の目印に。

天井高さの低いひさしを、骨組みを活用してリノベーション。アルミ素材を使ってシャープな印象にし、モノトーンに映えるアクセントカラーと新しいタイポグラフィのサイン、照明デザインによる演出でエントランスを構成しました。

 

CIMG6558特徴的な芦屋浜の鉄骨構造材の垂直性と呼応するライン照明と、ひさしを浮かび上がらせる間接照明。

 

従前②Before

DSC_5789

DSC_5832After 

天井に新たな照明などを固定することを避けて、ひさしと連なる組み物を挿入。サイン、郵便受け、照明を配置し、はっきりとした差し色とサインボードのデザインでスタイリッシュな空間に。

 

IMG_0802

CIMG6496明かりが並び、街的な楽しさを感じられる通りの景観となりました。

 

 

このページのトップへ