Design

団地の環境、空間、色彩、カタチ…。団地の”デザイン”には面白さがつまっています。

団地のデザインには 面白さがつまっている

Photo : Ai Hirano

醍醐石田 エントランスリノベーション

伏見地区に位置する醍醐石田団地。地域の歴史やイメージをしのばせたエントランス改修を実施。建物が元々持っている素材を大切に、趣の残る改修を目指しました。

 

~玄関らしさの演出~
以前はサインや目印もなく、通りからの視認性が弱かったエントランスファサード。外壁を白く再塗装した中に、庇を落ち着いたグレーで塗り分けることで、エントランスとしてのメリハリをつくりました。
更に、ルーバー天井とアルミ格子を配置することで、落ち着きのある構えを創出しています。

After


Before

 

~緩やかに中と外をつなぐ~
駐輪場には、京町家を意識した縦格子を設置。内部は既存の壁面タイルを活かし、趣きを残します。縦格子を片側に寄せることで、通りから団地内部へ抜ける視線を残しています。

After


before

 

~空間を整える~
メールコーナーには、見通しの悪いコンクリート壁がありましたが、新たに半透明ポリカーボネートパネルで囲いを設置。光が透過する演出とすることで、空間がゆるやかに分節され、すっきりとした空間構成に。

After


before

 

~既存のレトロな素材を活かす~
エントランスホール内にある印象的なデザインタイル。既存タイルを残し、上部に間接照明を施し、タイルにスポットを当てる演出をしました。新しさの中に古さを残すことで、思い出をしのばせます。

after


before

Photo : Ai Hirano etc

このページのトップへ